« 小田原城 | トップページ | ジェームズボンド 007シークレットファイル »

2014年11月28日 (金)

シグマ対角線魚眼レンズ

 魚眼レンズ(フィッシュアイレンズ)は、独特の描写が特長だ。画角180°以上で円形に写る全周魚眼レンズのほか、対角線の画角が180°の対角線魚眼レンズというのもある。星野写真、特に天の川を撮影するときに、対角線魚眼レンズの威力は絶大だ。ぼくも星の写真を撮影するときは、必ずシグマ対角線魚眼レンズ15㎜を持参する。この対角線魚眼レンズ、星野写真ではわかりにくいが、普通に風景写真を撮影すると、周辺の風景がデフォルメされるパースペクティブ効果が強く現れる。例えばこの写真、真っ直ぐなはずの塔が大きく歪んでいる。これを利用するとおもしろい写真が撮影できるが、普通の超広角レンズとして使いたければ、今ならアプリケーションソフトである程度補正できる。星野写真を撮影するなら、1本持っていても損はないレンズだ。

Img_1978

« 小田原城 | トップページ | ジェームズボンド 007シークレットファイル »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/60722473

この記事へのトラックバック一覧です: シグマ対角線魚眼レンズ:

« 小田原城 | トップページ | ジェームズボンド 007シークレットファイル »