2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 八幡平アスピーテライン | トップページ | 日高山脈 »

2014年10月 3日 (金)

焼走り熔岩流

 岩手山は気象庁が常時観測・監視している47火山の一つだ。地質調査によって、過去1万年間に何度か噴火したことがわかっていて、大正時代にも水蒸気噴火したことがある。その岩手山のふもと、八幡平(はちまんたい)市に焼走り熔岩流がある。18世紀初め頃に岩手山中腹から溶岩流が流出、冷えて固まったもので、長さ3㎞、最大幅1㎞に及ぶ黒い岩石地帯だ。「焼走り」という名前から、溶岩流のすさまじさが想像できるだろう。周辺には樹木がまだ育たず、近くで見るとけっこうな迫力だ。

Img_1588

« 八幡平アスピーテライン | トップページ | 日高山脈 »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/60410481

この記事へのトラックバック一覧です: 焼走り熔岩流:

« 八幡平アスピーテライン | トップページ | 日高山脈 »