2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 秋の天の川 | トップページ | 昇るすばる »

2014年9月21日 (日)

釧路のズリ山(ボタ山)

 北海道にはかつて多くの炭鉱があった。中でも石狩炭田は日本最大の炭田で、夕張や芦別、赤平、歌志内などの産炭地は大いににぎわった。釧路炭田にも、以前は太平洋炭礦という会社があったが、今は釧路コールマインという会社が事業を続けている。石炭は植物が枯れて積み重なり、地中の熱や圧力を受けてできたもので、いわば植物の化石だ。石狩炭田は内陸にあるが、ここ釧路では海底に坑道を掘って採炭している。昔はうちの方でも「太平洋の海底炭」という看板を見かけたものだ。坑道の入口は釧路市中心部から春採(はるとり)湖の向こう側にあるが、近くにはちょっと変わった山がある。石炭とともに出てくる岩石の捨て場で、ズリ山(ボタ山)と呼ばれている。

Img_1274

« 秋の天の川 | トップページ | 昇るすばる »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/60349516

この記事へのトラックバック一覧です: 釧路のズリ山(ボタ山):

« 秋の天の川 | トップページ | 昇るすばる »