2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 相対論の正しい間違え方 | トップページ | 線型代数入門 »

2014年8月11日 (月)

解析概論

 ぼくが大学に入学したのはもう30年も前だが、大学生ともなると講義や教科書も格段に難しくなる。特に数学については、高校数学と大学数学のギャップは大きかった。当時、教養課程の1年生が数学で履修するのは「線形代数学」と「解析学」の2科目で、日本を代表する数学者高木貞治の「解析概論」が解析学の教科書に指定されていた。現在は数式組版ソフトLaTeXを使って組み直し、「定本 解析概論」として刊行されている。科学技術立国日本を支えてきた名著だ。

Img_0855

« 相対論の正しい間違え方 | トップページ | 線型代数入門 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/60132204

この記事へのトラックバック一覧です: 解析概論:

« 相対論の正しい間違え方 | トップページ | 線型代数入門 »