2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« コンブとり | トップページ | 重力機械(マシン) »

2014年8月25日 (月)

アインシュタインの望遠鏡

 ほぼ1世紀前、アルベルト・アインシュタインは一般相対性理論の論文を発表した。一般相対性理論は、物質があるとその周囲の時間と空間がゆがみ、それが重力として働くというふうに説明されるが、この理論の正しさが認識される決定的な出来事が1919年の日食だった。皆既日食の際、太陽のすぐそばにある星の位置を測定し、通常の位置と比較することによって、星の位置がわずかにずれていることを観測したのだ。これは、通常はまっすぐに進む光が、太陽のすぐそばの空間がゆがんでいるため、わずかに曲がってしまったことを意味していた。ハッブル宇宙望遠鏡(HST)が登場して、はるか彼方の銀河が撮影されるようになると、レンズでゆがんだような像がたくさん捉えられるようになった。途中にある大質量銀河団が、いわば「重力レンズ」の働きをしているのだ。アメリカの女性天文学者エヴァリン・ゲイツが書いた「アインシュタインの望遠鏡」は、重力レンズを利用したダークマターの追跡など、天文学の最先端の話題を解説している。

Img_1156

« コンブとり | トップページ | 重力機械(マシン) »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/60205429

この記事へのトラックバック一覧です: アインシュタインの望遠鏡:

« コンブとり | トップページ | 重力機械(マシン) »