« 日本の山と渓谷3 日高連峰 | トップページ | 宇宙創世記 »

2014年8月21日 (木)

時間・空間・重力

 アメリカの物理学者ジョン・ホイーラーは、「ブラックホール」の名付け親であり、プリンストンの大学院生だったリチャード・ファインマンを指導したことでも有名だ。専門は一般相対性理論で、キップ・ソーンらと書いた教科書「重力理論」は、重力崩壊してブラックホールになりそうなくらい分厚い。この本はぼくもほしいのだが、まず読めそうにないこと、置き場所にも困ることから、買ってない。同じホイーラーの書いた「時間・空間・重力」は、けっこう立派な本で重いのだが、「重力理論」と比べるとはるかに軽いので、これならなんとかなる。一般相対性理論は、物質があるとその周囲の時間と空間がゆがみ、それが重力として働くというもので、ほぼ1世紀前にアルベルト・アインシュタインが完成させた。一般相対性理論は曲がった空間を記述するリーマン幾何学によって構築されているが、この本でホイーラーは、難しい数式を使わずに一般相対性理論のイメージを解説している。

Img_1137

« 日本の山と渓谷3 日高連峰 | トップページ | 宇宙創世記 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/60183933

この記事へのトラックバック一覧です: 時間・空間・重力:

« 日本の山と渓谷3 日高連峰 | トップページ | 宇宙創世記 »