2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« デジタルカメラによる 星座写真の写し方 | トップページ | 地球全史 »

2014年7月15日 (火)

祖先の物語 ドーキンスの生命史

 イギリスの生物学者リチャード・ドーキンスは、「利己的な遺伝子」という著書で広く一般にも名を知られた人だ。そのドーキンスが書いた「祖先の物語 ドーキンスの生命史」は、40億年にわたる生命史を現在から過去へと逆向きにたどる、ドーキンスいわく「カンタベリー物語」にならった「巡礼」だ。「巡礼者」たちは、1章ごとに共通の祖先(コンセスター)に合流(ランデヴー)し、さらなる巡礼を続ける。例えば、ランデヴー1でわれわれ人類は、700万年前から500万年前の間の、アフリカのどこかで、チンパンジーと合流する。その後39回のランデヴーを果たすと、現存するすべての生物の始祖であるコンセスターへと到達する。上下2巻で900ページを超える大作だが、圧倒的なおもしろさだ。

Img_1132

« デジタルカメラによる 星座写真の写し方 | トップページ | 地球全史 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/59987058

この記事へのトラックバック一覧です: 祖先の物語 ドーキンスの生命史:

« デジタルカメラによる 星座写真の写し方 | トップページ | 地球全史 »