2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 現代天文学入門 | トップページ | 彗星、地球へ大接近! & へール・ボップ彗星がやってくる »

2014年7月 3日 (木)

宇宙はどこまで広がっているか

 宇宙はどこまで広がっているか、宇宙の広がりは有限なのか無限なのかという問題について、オルバースのパラドックスという有名な話がある。これは19世紀前半、ドイツの天文学者ハインリヒ・オルバースが提唱したもので、宇宙が一様で無限の広がりを持つなら、夜空は昼のように明るいはずだというものだ。すなわち、あらゆる方向について、その視線の先には必ず星があるはずだから、夜空は明るく輝いているはずだという話だ。もちろん、現実には夜空は暗いので、オルバースのパラドックスは前提条件のどこかに誤りがある。その後の宇宙論の発展に伴い、宇宙の広がりは有限であり、空を覆い尽くすほど星が存在していないことがわかった。日本の天文学者 堀源一郎が書いた「宇宙はどこまで広がっているか」は、一般市民向けの講演をもとにした本だ。

Img_1115

« 現代天文学入門 | トップページ | 彗星、地球へ大接近! & へール・ボップ彗星がやってくる »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/59919227

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙はどこまで広がっているか:

« 現代天文学入門 | トップページ | 彗星、地球へ大接近! & へール・ボップ彗星がやってくる »