2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 現代天文学講座8 銀河系 | トップページ | 究極理論への夢 »

2014年6月25日 (水)

アインシュタインは正しかったか?

 アルベルト・アインシュタインは20世紀初め、特殊相対性理論と一般相対性理論を発表し、物理学に革命をもたらした。しかし、空間が歪むだけでなく、時間も歪む(しかも空間と時間がまざって歪む)という、あまりにもそれまでの常識とかけ離れた理論だったため、信じられないという人も多かった。アメリカの物理学者クリフォード・M・ウイルが書いた「アインシュタインは正しかったか?」は、一般相対性理論がどのようにして検証されてきたのかを解説した本だ。今では相対性理論の検証は身近なところでできる。カーナビなどに使われるGPSは、相対性理論による時間のずれを考慮しないと実用にならないのだ。

Img_0920

« 現代天文学講座8 銀河系 | トップページ | 究極理論への夢 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アインシュタインは正しかったか?:

« 現代天文学講座8 銀河系 | トップページ | 究極理論への夢 »