2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 流星観測ガイドブック | トップページ | バーティノフマスク »

2014年6月15日 (日)

タカハシ・スペースボーイ赤道儀

 四半世紀前に購入し、現役で使い続けているタカハシ・スペースボーイ赤道儀をオーバーホールに出した。オーバーホールとともに、ウォームネジがちょっと曲がっていたので、交換してもらった。ミニボーグ60EDを使い出してからちょっとガイドミスが気になるようになったが、ウォームネジが曲がっていたのが原因かもしれない。当時の定価の2倍くらいの費用がかかったが、これでまた四半世紀は使えるだろう。

Img_1120

« 流星観測ガイドブック | トップページ | バーティノフマスク »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、わいと申します。
最近、蔵の中からスペースボーイ赤道儀とFC-65が見つかり、こちらのサイトにたどり着きました。
HD-4のモータードライブもありますが、挙動に関してひとつお訪ねしたいことがあります。
HD-4のモーターの回転方向からして、赤経微動軸に取り付ける側は、この写真でいう手前側にしか取り付けられないのでしょうか?
スペースボーイの説明書の表紙や「各部の名称」のページには反対側にもついていますが、実際にその方向だと極軸体は時計回りになってしまうのです。
単に南半球用なんでしょうか?

 TS式モータードライブ装置取扱説明書によると、HD-4などのモータードライブ装置は、スカイキャンサー、V-1、P-2の場合は極軸北側から見て右側、その他の機種では左側に取り付けることになってます。南半球では反対側となります。

ありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タカハシ・スペースボーイ赤道儀:

« 流星観測ガイドブック | トップページ | バーティノフマスク »