2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 宇宙のしわ | トップページ | 鈴鹿8耐 »

2014年6月28日 (土)

シャーロック・ホームズ全集

 アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズは、多くの人がどこかで読んだことがあるだろう。長編が4つあり、短編56作品は5つの短編集にまとめられている。日本でもたくさんの訳書が出ているが、延原謙の新潮文庫版が最もポピュラーだろうか。この河出書房新社版の「シャーロック・ホームズ全集」は、日本を代表するシャーロキアン小林司・東山あかねが新たに全訳したもので、非常に詳細な注・解説がついている。全9巻そろえると大変なボリュームになるが、ホームズものとしてはこれが決定版だろう。シリーズ第1作の「緋色の習作(A Study in Scarlet)」は、これまで「緋色の研究」と訳されることが多かったが、従来から「Study」は美術用語の「習作」と訳すべきだという主張があり、小林・東山本ではそのような訳となった。ちなみに、ベネディクト・カンバーバッチ主演のテレビドラマ「SHERLOCK」の第1作は、「A Study in Pink」だ。

Img_1122

« 宇宙のしわ | トップページ | 鈴鹿8耐 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/59888397

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロック・ホームズ全集:

« 宇宙のしわ | トップページ | 鈴鹿8耐 »