2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 宇宙地球科学 | トップページ | アインシュタインは正しかったか? »

2014年6月24日 (火)

現代天文学講座8 銀河系

 かつて恒星社(現在は恒星社恒星閣)が「現代天文学講座(全15巻)」というシリーズを刊行していたが、そのうちの1冊「銀河系」(宮本昌典編)は大学の教養課程の教科書に指定されていた。銀河系の直径は10万光年くらいだが、太陽系は銀河系の中心から3万光年くらい離れている。銀河系の中心は夏の天の川のいて座の方向にあるが、実際に見えているのは数千光年の星までで、銀河系の全体像はわからない部分も多い。銀河系の周りには矮小銀河と呼ばれる小さな銀河もけっこうあるようだが、今まさに銀河系に飲み込まれている矮小銀河もあるのかもしれない。

Img_1028

« 宇宙地球科学 | トップページ | アインシュタインは正しかったか? »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/59867737

この記事へのトラックバック一覧です: 現代天文学講座8 銀河系:

« 宇宙地球科学 | トップページ | アインシュタインは正しかったか? »