2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« SOMETHIN’ ELSE | トップページ | MILESTONES »

2014年5月 6日 (火)

おとめ座銀河団

 銀河系は、アンドロメダ銀河とともに、30個くらいの銀河からなる「局部銀河群」と呼ばれるグループを形成している。もっとたくさん銀河が集まったものが「銀河団」と呼ばれ、さらにもっと大きなスケールでは「超銀河団」と呼ばれる。おとめ座銀河団は、太陽系から6000万光年の彼方にあって、2500個くらいの銀河が含まれていると考えられている。おとめ座銀河団は非常に暗いので、カメラのファインダーではまったく見えない。なので星図を見ながら勘を頼りに構図を決めるしかない。この日は5枚くらい撮影したが、残念ながら最も銀河が密集したエリア「マルカリアンの鎖」は捉えられなかった。この写真は「マルカリアンの鎖」のちょっと隣のエリアで、右下の明るい銀河がM88、その左斜め上がM91(NGC4548)だ。

2014年4月29日撮影 キャノンEOS60Da+ミニボーグ60ED+レデューサー0.85×DG、露出301秒

Img_0638

« SOMETHIN’ ELSE | トップページ | MILESTONES »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おとめ座銀河団:

« SOMETHIN’ ELSE | トップページ | MILESTONES »