2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« MILES AHEAD | トップページ | Ascenseur pour l’échafaud »

2014年4月25日 (金)

天体力学入門

 天体力学は、力学の法則に基づき、天体の運動を研究する学問だ。天文学はもともと暦をつくることから始まったが、この分野は位置天文学として発展した。17世紀になって、ヨハネス・ケプラーが惑星の運動に関する法則を発見、アイザック・ニュートンがニュートン力学の体系を完成させる。日本の天文学者 長沢工の「天体力学入門」は、その名のとおり天体力学の入門書だが、内容はなかなか難しい。ニュートンの運動方程式じたいはシンプルだが、そこから惑星の軌道を導くのはかなりめんどくさいのだ。さらに、天体の数が3つ以上になると、3体問題といって方程式を厳密に解くことはできなくなる。現代はコンピューターがあるからいいが、昔は大変な仕事だったろう。

Img_0941

« MILES AHEAD | トップページ | Ascenseur pour l’échafaud »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天体力学入門:

« MILES AHEAD | トップページ | Ascenseur pour l’échafaud »