« 天体力学入門 | トップページ | 天体力学講義 »

2014年4月26日 (土)

Ascenseur pour l’échafaud

 1958年のフランス映画「死刑台のエレベーター」は、ヌーヴェルヴァーグの代表的作品と言われている。この映画の音楽を担当したのがマイルス・デイヴィスだ。1957年にライブ演奏のためパリを訪れていたマイルスは、そのままパリのスタジオでサウンドトラックアルバム「Ascenseur pour l’échafaud」の録音に臨む。サスペンス映画らしい、緊張感あふれる演奏だ。

51zshana7dl_sl500_aa300_

« 天体力学入門 | トップページ | 天体力学講義 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/59530970

この記事へのトラックバック一覧です: Ascenseur pour l’échafaud:

« 天体力学入門 | トップページ | 天体力学講義 »