2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« WALKIN’ | トップページ | BAGS GROOVE »

2014年4月16日 (水)

ファインマンさんの愉快な人生

 リチャード・ファインマンは権威というものを信じず、相手がいくら大物だろうと、あるいは例え子どもだろうと、常に正直に率直に本音を語る人物だったそうだ。言葉遣いはニューヨーク・ブルックリン訛りで、とても大学教授とは思えないくだけた話し方だったという。そうしたファインマンの雰囲気にはこれまでの自伝や伝記で(日本語訳だが)接することができるが、「ファインマンさんの愉快な人生」は、ファインマンの生涯をちょっとアカデミックに綴った伝記だ。ファインマンは戦争中「マンハッタン計画」に参加していて、人類初の核実験「トリニティ実験」にも立ち会っているが、そのときの話も書かれている。後年ファインマンは、ホノルルの寺を訪ねたときの住職の言葉を忘れられず、講演などでも紹介している。「人はみな極楽の門を開く鍵を与えられているが、その同じ鍵は地獄の門をも開く」

Img_0929

« WALKIN’ | トップページ | BAGS GROOVE »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファインマンさんの愉快な人生:

« WALKIN’ | トップページ | BAGS GROOVE »