2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 宇宙における生命 | トップページ | 創造の種 »

2014年4月 2日 (水)

it might as well be spring

 サックス奏者としてだけでなく、ブルーノートでディレクターのような仕事もしていたアイク・ケベックは、ビッグバンドジャズ時代から演奏していたジャズマンだ。1961年に録音した「it might as well be spring」は晩年のアルバムで、ジャズではちょっとめずらしいオルガンも参加している。このオルガンがまたなかかいい味を出している。

61wk5k5co9l_sl500_aa300_

« 宇宙における生命 | トップページ | 創造の種 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/59396578

この記事へのトラックバック一覧です: it might as well be spring:

« 宇宙における生命 | トップページ | 創造の種 »