2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« Ascenseur pour l’échafaud | トップページ | 桜@大船渡 »

2014年4月26日 (土)

天体力学講義

 日本の天文学者 堀源一郎による「天体力学講義」は、四元数を使って記述されている。四元数とは、19世紀の数学者ウィリアム・ハミルトンによって発見されたもので、複素数を高次元に拡張した数の体系だ。四元数を使うと、3次元空間での回転が簡潔に記述できる。これは天体力学の計算には好都合で、スペースシャトルの姿勢制御にも使われているそうだ。堀は四元数に大いに魅せられたようで、「ハミルトンと四元数」という本まで書いている。

Img_0942

« Ascenseur pour l’échafaud | トップページ | 桜@大船渡 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天体力学講義:

« Ascenseur pour l’échafaud | トップページ | 桜@大船渡 »