2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« SHERLOCK3−2 The Sign of Three | トップページ | SHERLOCK3−3 His Last Vow »

2014年3月13日 (木)

幼年期の終り

 アーサー・C・クラークの「幼年期の終り」は、異星人とのファースト・コンタクトを果たした人類がさらなる進化を遂げるという点で、「2001年宇宙の旅」と共通するものがある。人類が核戦争で自滅する一歩手前の段階まで進んだ20世紀後半のある日、異星人の巨大宇宙船団が地球を覆う。異星人は人類を自滅の危機から救い、100年にわたって人類を平和のうちに管理するが、やがて一部の子どもたちに大きな異変が起こる。彼らはメタモルフォーゼ(変態)を遂げ、超人類とも呼べる存在になるのだった。しかし、幼年期の終りはほろ苦いものでもある。進化できない者は滅ぶしかないのだ。ぜひ映画化してほしい小説だ。

Img_0830

« SHERLOCK3−2 The Sign of Three | トップページ | SHERLOCK3−3 His Last Vow »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/59283846

この記事へのトラックバック一覧です: 幼年期の終り:

« SHERLOCK3−2 The Sign of Three | トップページ | SHERLOCK3−3 His Last Vow »