2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« SHERLOCK3−1 The Empty Hearse | トップページ | SHERLOCK3−2 The Sign of Three »

2014年3月12日 (水)

タイム・マシン

 H・G・ウェルズの「タイム・マシン」は、SF小説の古典的名作だ。タイムトラベルについては物理学でも真剣に研究されていて、スティーヴン・ホーキングなどは、過去に戻るタイムマシンは不可能(時間順序保護仮設)だと主張している。では、未来に行くタイムマシンは可能かというと、キップ・ソーンはワームホールを利用したタイムトラベルの方法を考案している。もちろん、現在の技術では実用化することができない、まったく理論上の話だ。「タイム・マシン」の主人公「タイムトラベラー」は、80万年後の世界を訪れ、未来の人類の姿を目にするが、彼らはより高度な文明を築くどころか、エロイとモーロックという2つの種族に分かれ、大幅に退化していた。ウェルズは、資本主義の行き着く先はこのような階級社会だと考えたようだ。

Img_0848

« SHERLOCK3−1 The Empty Hearse | トップページ | SHERLOCK3−2 The Sign of Three »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/59278630

この記事へのトラックバック一覧です: タイム・マシン:

« SHERLOCK3−1 The Empty Hearse | トップページ | SHERLOCK3−2 The Sign of Three »