2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« SWING SWANG SWINGIN’ | トップページ | quiet kenny »

2014年3月29日 (土)

百億の星と千億の生命

 カール・セーガンはテレビシリーズ「COSMOS」の中で何度も「BILLION(十億)」という言葉を使ったので、「BILLIONS & BILLIONS」という言葉はセーガンの代名詞のようになってしまった。「百億の星と千億の生命(原題BILLIONS & BILLIONS)」は、セーガンが死の直前に書いた本だ。科学技術がめざましい発展を遂げた現代にあっても、人類に明るい未来が待ち受けているかどうかはわからない。核戦争の危機や地球温暖化など、科学技術の発展に伴ってむしろ悪化しているものさえある。セーガンは本書で「日本では、懸念があるにもかかわらず核エネルギーへの大転換が進められている」と指摘しているが、現実に日本は極めて深刻な原発事故を起こしてしまった。

Img_0908

« SWING SWANG SWINGIN’ | トップページ | quiet kenny »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百億の星と千億の生命:

« SWING SWANG SWINGIN’ | トップページ | quiet kenny »