2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« alone | トップページ | What’s New »

2014年3月 1日 (土)

いま、もう一つの素粒子論入門

 小林誠とともに2008年のノーベル物理学賞を受賞した益川敏英は、受賞時のマスコミへの受け答えでもわかるとおり、なかなかおもしろいおじさんだ。受賞理由の「小林・益川理論」は、クォークが3世代あることを説明する理論だ。今ではクォークは3世代6種類(アップ、ダウン、ストレンジ、チャーム、ボトム、トップ)あることがわかっているが、当時は3種類しか知られてなかった。実際には、宇宙のほとんどの物質はアップクォークとダウンクォークと電子からできている。

Img_0841

« alone | トップページ | What’s New »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いま、もう一つの素粒子論入門:

« alone | トップページ | What’s New »