2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« What’s New | トップページ | From Left to Right »

2014年3月 2日 (日)

消えた反物質

 益川敏英とともに2008年のノーベル物理学賞を受賞した小林誠は、クォークが3世代6種類あるという理論を提唱したが、レプトンという粒子も3世代6種類(電子、電子ニュートリノ、ミュー粒子、μニュートリノ、タウ粒子、τニュートリノ)ある。これに力を伝えるゲージ粒子4種類(光子、グルーオン、Wボゾン、Zボゾン)と最近発見されたヒッグス粒子を加えた17種類の粒子(Wボゾンを+と−で区別して18種類という分類もある)が存在するというのが素粒子の「標準模型」だ。

Img_0840

« What’s New | トップページ | From Left to Right »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消えた反物質:

« What’s New | トップページ | From Left to Right »