2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« Explorations | トップページ | Sunday at the Village Vanguard »

2014年2月14日 (金)

ワープする宇宙

 アメリカの物理学者リサ・ランドールは、ジョディ・フォスター似の美人物理学者ということで日本でも話題になったが、本書「ワープする宇宙」は、見えない異次元の存在について語った本だ。「ワープ」という言葉は、宇宙戦艦ヤマトやスター・トレックでいう超光速航行ではなく、「歪んだ」という本来の意味で使っている。すなわち、歪曲して目に見えない異次元があるという話だ。超弦理論では10または11次元時空が必要となるが、現実の世界は4次元時空であり、余剰次元は非常に小さく折り込まれている(コンパクト化)と考えられている。電線を近くで見ると円筒形だが、遠くから見ると直線に見えるというのがそれだ。600ページを超える本だが、前半は現代物理学の歴史と全体像をわかりやすく解説している。

Img_0816

« Explorations | トップページ | Sunday at the Village Vanguard »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワープする宇宙:

« Explorations | トップページ | Sunday at the Village Vanguard »