2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« THE LOOK OF LOVE | トップページ | SHERLOCK1−1 A Study in Pink »

2014年2月 3日 (月)

壺の中の宇宙

 インフレーション理論の提唱者、日本の佐藤勝彦は、メディアにもよく登場するので、この分野に興味のある人にはおなじみだろう。インフレーション理論という名前は、経済学用語のインフレーション(物価の急上昇)から拝借したものだが、宇宙のインフレーションは物価のインフレーションとは比較にならないくらいの猛スピードだったと考えられている。こんな138億年前に起こったことが何でわかるのかというと、1990年代、NASAが打ち上げた人工衛星COBEが、宇宙背景放射という電波にわずかなゆらぎを発見したことが大きい。このわずかなゆらぎが、銀河団など宇宙の大規模構造の種になったというのだ。

Img_0812

« THE LOOK OF LOVE | トップページ | SHERLOCK1−1 A Study in Pink »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壺の中の宇宙:

« THE LOOK OF LOVE | トップページ | SHERLOCK1−1 A Study in Pink »