2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 壺の中の宇宙 | トップページ | 特殊及び一般相対性理論について »

2014年2月 4日 (火)

SHERLOCK1−1 A Study in Pink

 イギリスBBCの人気番組「SHERLOCK」は、21世紀のロンドンを舞台に、ベネディクト・カンバーバッチ演じるシャーロック・ホームズの活躍を描いたドラマだ。シリーズ1の3話が2010年に、シリーズ2の3話が2012年に放送され、シリーズ3の3話が先月放送されたばかりだ。脚本を書いたマーク・ゲイティス(マイクロフト・ホームズ役でも出演)らは相当なシャーロキアンらしく、コナン・ドイルの原作の設定やセリフをかなり取り入れている。シリーズ1第1話「A Study in Pink」は、もちろん原作の「緋色の研究(A Study in Scarlet」から採ったものだ。アフガニスタンで負傷して帰国したジョン・ワトソン(マーティン・フリーマン)がシャーロックと出会い、ベーカー街221Bでルームメイトとして暮らし始める。とそのとき、ロンドンでは同じ毒物を飲んで自殺するという連続自殺?事件が立て続けに起こるが、シャーロックはこれを連続殺人事件と見破るのだ。舞台が現代なので、シャーロックもジョンも、スマホ、パソコン、GPS、インターネット、ブログなどIT技術を駆使している。

51kn6llpjzl_sl500_aa300_

« 壺の中の宇宙 | トップページ | 特殊及び一般相対性理論について »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/59068444

この記事へのトラックバック一覧です: SHERLOCK1−1 A Study in Pink:

« 壺の中の宇宙 | トップページ | 特殊及び一般相対性理論について »