2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« BLAME IT ON MY YOUTH | トップページ | UNFORGETTABLE WITH LOVE »

2014年2月 1日 (土)

不思議宇宙のトムキンス

 20世紀前半、天文学者の間では定常宇宙論vs膨張宇宙論の論争が繰り広げられていた。この論争に終止符を打つ決定打となったのは、エドウィン・ハッブルによる膨張宇宙の発見だった。ロシア生まれのアメリカの物理学者ジョージ・ガモフは、宇宙のはじめは火の玉のような超高温・超高密度状態にあって、これが膨張して現在の宇宙になったという、ビッグバン理論に貢献した天文学者だ。ガモフは一般向けの本もたくさん書いていて、「不思議の国のトムキンス」では、光の速さが時速20㎞ならどうなるかなどという想像のもとに、相対性理論がわかりやすく解説されている。本書「不思議宇宙のトムキンス」は、1940年の初版から60年を経た新版だ。

Img_0810

« BLAME IT ON MY YOUTH | トップページ | UNFORGETTABLE WITH LOVE »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議宇宙のトムキンス:

« BLAME IT ON MY YOUTH | トップページ | UNFORGETTABLE WITH LOVE »