2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« スター・トレックⅧ ファースト・コンタクト | トップページ | スター・トレックⅨ 叛乱 »

2014年1月14日 (火)

子持ち銀河

 北斗七星のすぐ近く、りょうけん座に子持ち銀河M51と呼ばれる銀河がある。きれいな渦巻銀河に伴銀河がくっついていることから、そのように名付けられた。地球から見るとちょうど真上(真下?)から見ていることになるので、渦巻の形がよくわかる。ハッブル宇宙望遠鏡(HST)が写した写真は実に見事で、HST写真集なんかには必ずといっていいほど登場している。ミニボーグ60EDではほんの小さな画像にしかならないが、それでも渦巻がきれいに写ったのにはわれながら感動した。なにしろアンドロメダ銀河の10倍以上も遠いところにあるのだ。
2014年1月5日撮影 キャノンEOS60Da+ミニボーグ60ED+レデューサー0.85×DG、露出180秒

Img_0605

« スター・トレックⅧ ファースト・コンタクト | トップページ | スター・トレックⅨ 叛乱 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子持ち銀河:

« スター・トレックⅧ ファースト・コンタクト | トップページ | スター・トレックⅨ 叛乱 »