2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« さっぽろホワイトイルミネーション | トップページ | 過去の大彗星⑥「ヘール・ボップ彗星」 »

2013年12月 2日 (月)

ダークナイト ライジング

 クリストファー・ノーラン監督による新「バットマン」シリーズ第3作である。前作「ダークナイト」で自らハーヴェイ・デント=トゥーフェイスの罪を被り、屋敷に引きこもっていたブルース・ウェイン=バットマンの前に、セリーナ・カイル=キャットウーマンが現れる。セリーナを追うブルースは、ラーズ・アル・グール率いる「影の同盟」出身のベインと戦うことになる。しかし、映画前半のベインは圧倒的に強い。バットマンは必死に戦うがほとんど歯が立たず、背骨を折られ、どこかの国の地下の牢獄に幽閉される。しかも、ベインは単なる肉体派ではなく、頭脳派でもあった。セリーナが盗み出したブルースの指紋を悪用し、億万長者ブルースを破産させたのだ。ブルースは地下牢獄で体を鍛え直し、自らの力で脱出に成功、ベインとの戦いに臨む。ベインを演じるのはトム・ハーディーだが、顔はマスクで隠されており、ずいぶんマッチョな体だけどホントに本人か?という感じだ。実際ずいぶん鍛えたそうだ。セリーナ役はアン・ハサウェイ、ラーズ・アル・グールの子であり、ゴッサム・シティを滅亡させようとする首謀者、バットマンの真の敵という本当の姿を最後に現すミランダ・テイトは、マリオン・コティヤールが演じている。また、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット演じるゴッサム市警のジョン・ブレイクは、バットマンのパートナー、ロビンであることが最後に判明する。

51livkcncal_sl500_aa300_

« さっぽろホワイトイルミネーション | トップページ | 過去の大彗星⑥「ヘール・ボップ彗星」 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58681843

この記事へのトラックバック一覧です: ダークナイト ライジング:

« さっぽろホワイトイルミネーション | トップページ | 過去の大彗星⑥「ヘール・ボップ彗星」 »