2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 秋の星雲星団銀河① アンドロメダ銀河 | トップページ | 秋の星雲星団銀河② ちょうこくしつ座の渦巻銀河 »

2013年12月13日 (金)

猿の惑星

 映画「猿の惑星」は1968〜1973年に5作つくられ、21世紀になってからも2作つくられている。1974年にはテレビドラマも制作された。第1作「猿の惑星」はチャールトン・ヘストン主演で、テイラーら3人の宇宙飛行士がある惑星に不時着、そこは人間が猿に支配される猿の惑星だった、というストーリーだ。結局、そこは未来の地球で、人類はとうとう核戦争の引き金を引いてしまい、ほとんど滅亡してしまったこと、生き残った人間も退化して言葉さえしゃべれないこと、一方で猿が進化して新たな文明を築き、人間を支配していることが最後に明らかになるのだが、それを海岸に埋もれた自由の女神というワンシーンだけで説明してしまうのはすごい。人間に好意的な猿のコーネリアスとジーラはロディ・マクドウォールとキム・ハンターが演じているが、マクドウォールは第4〜5作ではコーネリアスの息子シーザーも演じている。

51zvpfsyxhl_sl500_aa300_

« 秋の星雲星団銀河① アンドロメダ銀河 | トップページ | 秋の星雲星団銀河② ちょうこくしつ座の渦巻銀河 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58747010

この記事へのトラックバック一覧です: 猿の惑星:

« 秋の星雲星団銀河① アンドロメダ銀河 | トップページ | 秋の星雲星団銀河② ちょうこくしつ座の渦巻銀河 »