« 体組成計 | トップページ | 秋の星雲星団銀河④ 二重星団 »

2013年12月15日 (日)

新・猿の惑星

 前作「続・猿の惑星」で地球は破壊されてしまったが、その直前、コーネリアスとジーラは、湖から引き揚げたテイラーの宇宙船で地球を脱出していた。そして2人はテイラーやブレントとは逆のコースをたどり、過去の地球に不時着する。宇宙船を迎えた米軍の司令官は、宇宙船から出てきた飛行士に歓迎のあいさつをするが、ヘルメットを脱いだ姿を見てびっくり仰天し、あわてて逃げ出す。やがて、コーネリアスとジーラが高い知能を持ち、言葉をしゃべることがわかると、2人は人気者となり、テレビやパーティーにと引っ張りだこになる。しかし、それも長くは続かなかった。酒に酔っ払ったジーラが未来の地球の話をしてしまい、2人を生かしておくと人類が滅ぶと考えた政府高官が、2人の命を狙い始めるのだ。「猿の惑星」の原作は、もともと人間社会への痛烈な風刺が込められていて、それはこの映画にも強く反映されている。コーネリアスとジーラは無残にも殺されるが、その子シーザーは生き延び、第4〜5作には主人公として登場する。シーザーを引き取って育てるサーカスの主人アルマンドは、リカルド・モンタルバンが演じている。

414bhmj4nyl_sl500_aa300_

« 体組成計 | トップページ | 秋の星雲星団銀河④ 二重星団 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58758222

この記事へのトラックバック一覧です: 新・猿の惑星:

« 体組成計 | トップページ | 秋の星雲星団銀河④ 二重星団 »