2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 猿の惑星(テレビドラマ) | トップページ | マトリックス »

2013年12月18日 (水)

冬の星雲星団銀河② ヒアデス星団

 天球上で太陽が通る軌道は、黄道(「こうどう」または「おうどう」)と呼ばれている。星占いで出てくる12星座が「黄道12星座」と呼ばれるのは、太陽が1年間かけて通る軌道を12分割し、それを各星座に割り当てていることによる。火星や木星、土星などの惑星は、ほぼ黄道上を動くので、同じく黄道に近いおうし座のヒアデス星団にときどき接近する。この写真の左側で明るく輝いているのは木星だ。最近の木星はふたご座にいて、ほぼ一晩中見えている。とにかく夜空を見て一番明るい星が木星だ。もちろん東京のような大都会でも見える。望遠鏡でのぞくと、縞模様が見えるほか、4つのガリレオ衛星(イオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト)もはっきり見える。ヒアデス星団は太陽系に最も近い散開星団なので、まばらに見える。ヒアデス星団の中に見える1等星アルデバランは、たまたま方向が同じだけで、実際にはずっと近くにある。
2012年9月15日撮影 キャノンEOS60Da+キャノンEF100㎜、露出180秒

Img_0089

« 猿の惑星(テレビドラマ) | トップページ | マトリックス »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の星雲星団銀河② ヒアデス星団:

« 猿の惑星(テレビドラマ) | トップページ | マトリックス »