2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 秋の星雲星団銀河④ 二重星団 | トップページ | 秋の星雲星団銀河⑤ カリフォルニア星雲 »

2013年12月16日 (月)

猿の惑星・征服

 コーネリアスとジーラの死後、地球では疫病が発生、犬や猫が絶滅してしまい、猿がペットとして飼われるようになる。しかし、そのうち人間は猿を訓練し、奴隷として使うようになる。サーカスにかくまわれたシーザーは、こうした現状に我慢し続けてきたが、シーザーの育ての親であるサーカスの主人アルマンドが非業の死を遂げると、人間に対し反乱を起こすことを決意する。この時代は高い知能を持ち言葉をしゃべる猿はまだシーザーのみだが、シーザーはテレパシーによって猿のリーダーとなり、ついには人間を屈服させてしまう。本作は、残念ながらかなりの低予算で制作されたらしく、セットも貧相になってしまった。2011年に公開された「猿の惑星 創世記」は、本作が下敷きになっている感じだ。

4191bvp51jl_sl500_aa300_

« 秋の星雲星団銀河④ 二重星団 | トップページ | 秋の星雲星団銀河⑤ カリフォルニア星雲 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58764900

この記事へのトラックバック一覧です: 猿の惑星・征服:

« 秋の星雲星団銀河④ 二重星団 | トップページ | 秋の星雲星団銀河⑤ カリフォルニア星雲 »