2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 最後の猿の惑星 | トップページ | 猿の惑星(テレビドラマ) »

2013年12月17日 (火)

冬の星雲星団銀河① プレアデス星団

 おうし座の散開星団プレアデス星団は、日本では「すばる」とも呼ばれ、非常にポピュラーな星団だ。青白い星団に青白い星雲が重なっていて、空の暗いところでは肉眼でもボーッと見える。もちろん双眼鏡ではすばらしくよく見え、写真写りも抜群にいい。恒星には青〜青白〜白〜黄白〜黄〜橙〜赤といった色があるが、これは表面温度に対応しており、青にいくほど表面温度が高い。プレアデス星団の星は若い高温の星で、質量が大きく、核融合反応のスピードが非常に速いため、寿命も短いと考えられている。このような星では、生命が誕生し、知的生命体に進化するまでの時間がないので、知的生命体は存在しそうもない。太陽(黄)は適度な質量を持ち、100億年くらい活動するので、地球上の生物にとっては非常にいい環境だったと言えるだろう。
2012年9月14日撮影 キャノンEOS60Da+ミニボーグ45EDⅡ+レデューサー0.85×DG、露出300秒

Img_0071

« 最後の猿の惑星 | トップページ | 猿の惑星(テレビドラマ) »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の星雲星団銀河① プレアデス星団:

« 最後の猿の惑星 | トップページ | 猿の惑星(テレビドラマ) »