2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ライダースジャケット① | トップページ | ライダースジャケット② »

2013年11月11日 (月)

007「オクトパシー」

 007シリーズ第13作「オクトパシー」では、謎の女性サーカス団を率いる女首領オクトパシーがボンドに味方する。オクトパシーの父親はイギリス情報部員だったが、祖国を裏切り行方をくらましていた。それをボンドが捕らえたのだが、24時間の猶予を与えたため、オクトパシーの父は生き恥をさらさずに自決することができたというのだ。オクトパシーはインドの謎の富豪カマル・カーンと宝石の密輸をしていたのだが、カーンと旧ソ連のオルロフ将軍はこれを利用し、米軍基地で核兵器を爆発させようと企んでいた。ロジャー・ムーア時代のボンド映画は、冒頭でボンドが一仕事するのだが、このアクションシーンがなかなかすごい。本作では、ボンドが中南米の某国の将軍に変装して基地に侵入するのだが、バレて捕まってしまう。しかし、うまく切り抜け、トラックに隠してあったアクロスターという超小型ジェット機に乗り、敵のミサイルを航空機の格納庫に自爆させて目的を達する。ガス欠になったアクロスターを道路に着陸させ、ガソリンスタンドで「満タンね」というボンドが実にしゃれている。最後のシーンでは、小型ジェット機の屋根に張り付いたボンドとカーンの手下が空中で格闘する。いつもながら撮影は大変だったろう。

51mtwz5f8ql_sl500_aa300_

« ライダースジャケット① | トップページ | ライダースジャケット② »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58553589

この記事へのトラックバック一覧です: 007「オクトパシー」:

« ライダースジャケット① | トップページ | ライダースジャケット② »