2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ライダースジャケット④ | トップページ | 007「消されたライセンス」 »

2013年11月13日 (水)

アイソン彗星の撮影①

 アイソン彗星を撮影するためには、デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラが必要だが、それらがない場合、コンパクトデジタルカメラで挑戦してみるといい。次のとおり撮影すれば、うまくいく可能性がある。まず、時期は11月29日の近日点通過後、12月上旬の明け方だ。アイソン彗星は日の出前、東から昇るので、東の空が開けている場所を選ぶ。もちろん街明かりが少ないところじゃないと写すのは難しい。カメラは三脚に固定する。撮影モードはオートではなく、長時間露光ができるモードにする。例えば、キャノンIXY410Fだと、長秒時撮影というモードがあり、最長15秒までの長時間露光ができるので、シャッタースピードを15秒にする(ただし空が明るくなってきたら短くしていく)。ISO感度は一番高い数字(IXY410Fだと3200)に、記録画素数は最高にしておく。レンズはあまりズームアップしない方がいい。問題はピント合わせだが、遠くの風景を入れ、そこにピントを合わせるようにする。シャッターを押すときは、ぶれないようにそうっと。セルフタイマーを使うとよりいい。画質が悪いときはISO感度を1600とか800に下げるといい。うまく撮れれば一生の思い出になるだろう。
整理すると
○カメラは三脚に固定
○撮影モードは長時間露光、シャッタースピードは最長
○ISO感度は最高
○記録画素数は最高
○レンズはあまりズームアップしない
○ピント合わせは遠くの景色で
○シャッターはそうっと。セルフタイマーを使うとよりいい

Img_0085

« ライダースジャケット④ | トップページ | 007「消されたライセンス」 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

テレビでもやっていたよ。いい写真撮れるといいねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイソン彗星の撮影①:

« ライダースジャケット④ | トップページ | 007「消されたライセンス」 »