2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 007「トゥモロー・ネバー・ダイ」 | トップページ | 007「ワールド・イズ・ノット・イナフ」 »

2013年11月16日 (土)

アイソン彗星の撮影④

 ポータブル赤道儀を使ってアイソン彗星を狙うなら、夜中のうちにしっかり極軸を合わせておく必要がある。微動雲台があると効率的だ。極軸望遠鏡があるモデルの場合、マニュアルをよく読んで事前に練習しておく。極軸望遠鏡がない場合は、正確な極軸合わせはまずムリなので、広角レンズを使うか、露出時間を短時間にするしかない。極軸が合ったと思っても、撮影のたびにチェックしておく。ただし、アイソン彗星を撮影できる時間はごく短時間なので、実際にはいちいちそんなことをやってるヒマはない。不幸にも極軸合わせがうまくいってないときは、広角レンズに交換するか、露出時間を短時間にするか、固定撮影に切り替える。カメラの設定は固定撮影とあまり変わらないが、せっかく赤道儀を使うのだから、記録画質はJPEG+RAWにする。RAW撮影をマスターするとこれまた劇的にきれいな写真が得られる。せっせと画像処理を勉強しよう。それから、長時間カメラを外気にさらすと、レンズに夜露がつくので、その対策が必要だ。昔はカイロをレンズにくくりつけたりしたものだが、今はレンズに巻き付けるヒーターがあるので便利だ。
微動雲台
 KーASTEC 極軸高度・方位調整装置XY50
 タカハシ AZ微動ステージ
 トミーテック 片持ちフォーク式赤道儀(微動雲台)
レンズヒーター
 横田富美夫氏の夜露防止ヒーター
 ジムケンドリック ヒーター(別途コントローラーあり)

Img_0088

« 007「トゥモロー・ネバー・ダイ」 | トップページ | 007「ワールド・イズ・ノット・イナフ」 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイソン彗星の撮影④:

« 007「トゥモロー・ネバー・ダイ」 | トップページ | 007「ワールド・イズ・ノット・イナフ」 »