2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アイソン彗星の撮影⑤ | トップページ | ライダースジャケット⑤ »

2013年11月18日 (月)

007「ダイ・アナザー・デイ」

 007シリーズ第20作「ダイ・アナザー・デイ」は、ピアース・ブロスナンがボンドを演じた最後の作品だ。北朝鮮が舞台となり、しかも北朝鮮の将軍の息子が悪者とあって、北朝鮮政府が抗議する事態となったそうだ。本作でボンドは、北朝鮮に潜入するも正体がばれ、14ヶ月もの間拷問を受ける。捕虜交換によって解放されたボンドを待ち受けていたのは、MI6の冷たい視線だ。ボンドが拷問によって機密情報をゲロしたと見ていたのだ。身内によって軟禁されそうになったボンドは、仮死状態になったと見せかけて脱走する。香港に上陸したボンドは14ヶ月ぶりに髪を切り、ヒゲを剃るが、とても拷問を受け続けていたとは思えないほど元気だったりする。久しぶりのボランジェもおいしかったろう。それにしても、北朝鮮人が遺伝子組み換え手術でイギリス人に変身するとは、大胆な設定だ。「007は二度死ぬ」でボンドが日本人に化けたのとは隔世の感がある。ボンドに協力するCIAの女スパイはハル・ベリーが、MI6の女スパイのはずが敵に寝返った裏切り者はロザムンド・パイクが演じた。パイクはMr.ビーンことローワン・アトキンソン主演の007パロディ映画「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」にも出演している。

51r2d8g00vl_sl500_aa300_

« アイソン彗星の撮影⑤ | トップページ | ライダースジャケット⑤ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58596398

この記事へのトラックバック一覧です: 007「ダイ・アナザー・デイ」:

« アイソン彗星の撮影⑤ | トップページ | ライダースジャケット⑤ »