2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« アイソン彗星の撮影④ | トップページ | アイソン彗星の撮影⑤ »

2013年11月17日 (日)

007「ワールド・イズ・ノット・イナフ」

 007シリーズ第19作「ワールド・イズ・ノット・イナフ」は、ボンド・ガールとしてソフィー・マルソーという大物女優が出演し、しかもマルソー演じるエレクトラ・キングがボンドに容赦なく殺されるという点で、ちょっとシリアスな内容だ。タイトルの「THE WORLD IS NOT ENOUGH」はボンド家の家訓で、「世界だけでは不十分」といった意味だ。何とも欲張りな家系である。石油王キング卿の一人娘エレクトラは、かつてテロリストのレナードに誘拐され、なんとか脱出して生還したのだが、実際にはストックホルム・シンドローム(犯罪被害者が犯人に好意を抱くこと)に陥り、レナードと恋人になっていたのだ。そうとは知らないボンドは、エレクトラを本気で好きになりかける。ついに本性を現したエレクトラは、Mをおびき寄せて監禁し、ボンドを中世の拷問道具で責めたてる。このあたりのマルソーはこわー、という感じだ。昔、「フランスの薬師丸ひろ子」なんて言われたはずなんだけどなぁ。拷問道具から脱出し、エレクトラに銃を向けたボンドは、エレクトラの挑発をよそに、あっけなく射殺してしまう。得意のジョークもなく、実にクールだ。第2作「ロシアより愛をこめて」以来Qを演じたデスモンド・リュウェリンは本作で引退、本作公開直後に交通事故で死去した。

51pxv7168zl_sl500_aa300_

« アイソン彗星の撮影④ | トップページ | アイソン彗星の撮影⑤ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58589705

この記事へのトラックバック一覧です: 007「ワールド・イズ・ノット・イナフ」:

« アイソン彗星の撮影④ | トップページ | アイソン彗星の撮影⑤ »