2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ライダースジャケット③ | トップページ | ライダースジャケット④ »

2013年11月13日 (水)

007「リビング・デイライツ」

 007シリーズ第15作「リビング・デイライツ」からは、ティモシー・ダルトンがボンドを演じる。ダルトンは過去にも2度ボンド役をオファーされたが断ったことがあり、これが3度目のオファーだったという。次作「消されたライセンス」の後しばらくボンド映画が制作されなかったため、ダルトンが出演したのは2作のみにとどまったが、故ダイアナ妃が「最もリアルなジェームズ・ボンド」と述べるなど、ダルトン=ボンドは評価が高い。本作では、旧ソ連のコスコフ将軍から亡命の申し出があり、チェコスロバキアに潜入したボンドが亡命を手引きするなど、東西冷戦時代の雰囲気が色濃く漂う。ソ連のアフガニスタン基地が描かれ、これに抵抗するゲリラ組織ムジャーヒディーンも登場する。ウサマ・ビン・ラーディンもムジャーヒディーン出身だったそうだ。本作公開4年後にはソ連は消滅するので、こういう雰囲気のボンド映画はこれが最後だ。ボンド・ガールのマリアム・ダボは、気の強そうなこれまでのボンド・ガールたちとはちょっと違ったかわいこちゃん系だ。ダボが演じるチェリスト、カーラ・ミロヴィが演奏する曲は、モーツァルトの交響曲第40番とチャイコフスキーのロココ風の主題による変奏曲だ。

51d1052r43l_sl500_aa300_

« ライダースジャケット③ | トップページ | ライダースジャケット④ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58565584

この記事へのトラックバック一覧です: 007「リビング・デイライツ」:

« ライダースジャケット③ | トップページ | ライダースジャケット④ »