2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« アイソン彗星 | トップページ | ファーム冨田⑤ »

2013年10月25日 (金)

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還

 ダース・ヴェイダーに捕らえられ、カーボン凍結されたハン・ソロは、惑星タトゥイーンを牛耳るギャング、ジャバ・ザ・ハットの宮殿に飾られる。ルーク、レイア、ランドらは、ソロ救出のため宮殿に潜入、ソロを救出しハット一味を全滅させる。ここでレイアはジャバを絞め殺すという意外な怪力ぶりを発揮する。ジェダイのフォースというより、文字どおり物理的なフォース(力)だ。ジェダイの修行を完成させるため惑星ダゴバに向かったルークは、病で死の床にあったヨーダから、ダース・ヴェイダーがルークの父アナキン・スカイウォーカーであること、ルーク以外にもう一人のスカイウォーカーがいることを知らされる。ルークはフォースによって、それがレイアであることを知るのだった。一方、帝国が第2デス・スターの建造を進め、皇帝が視察のためデス・スターを訪れたことを知った反乱軍は、今が最大のチャンスとして総攻撃をかける。しかし、それは皇帝の罠だった。自ら帝国軍に投降して父ダース・ヴェイダーをダーク・サイドから取り戻そうとしたルークは、反乱軍が刻一刻と全滅への道を歩む姿を見せつけられ、ついにヴェイダーとの戦いに挑む。皇帝は、ルークが怒りのあまり自らの父を倒し、ダーク・サイドに転落するのを待っていたのだ。しかし、ルークはヴェイダーの機械の腕を切り落としたとき、アナキンがダーク・サイドに転落したときの心境を重ね合わせ、自分はダーク・サイドには堕ちないと宣言、ライト・セーバーを投げ捨てる。ルークをわが物にできないと悟った皇帝は、「ならば死ぬがよい」といって必殺のフォース・ライトニングでルークを殺そうとするが、息子の必死の訴えについにアナキンがめざめ、皇帝を倒すのだった。反乱軍は第2デス・スターの破壊に成功、再び銀河に平和が取り戻された。めでたしめでたし。皇帝(パルパティーン)を演じたイアン・マクダーミドは、エピソード1〜3では重要な役回りを演じることになる。

314hhqdhhl_aa300_

« アイソン彗星 | トップページ | ファーム冨田⑤ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58449242

この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還:

« アイソン彗星 | トップページ | ファーム冨田⑤ »