2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ファーム冨田⑤ | トップページ | 美瑛① »

2013年10月26日 (土)

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス

 エピソード1はエピソード6から16年を経て公開された。その間の撮影技術の進歩はめざましく、旧3部作とは別次元の映像となっている。エピソード1〜3の新3部作では、銀河共和国がいかにして崩壊し帝国が成立するか、アナキン・スカイウォーカーがいかにしてダーク・サイドに転落しダース・ヴェイダーへと変身するかが描かれる。「ファントム・メナス」とは「見えざる脅威」という意味だ。物語は、銀河共和国元老院が汚職で腐敗する中、通商連合が惑星ナブーを封鎖するところから始まる。これを裏で糸を引いていたのがナブー選出の元老院議員パルパティーンだったのだが、銀河を支配するという最終目的のため、自らの故郷の星を犠牲にするというのはまさにシスの暗黒卿らしい。元老院のヴァローラム最高議長は、事態打開のためジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジン(リーアム・ニーソン)とその弟子オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)を派遣するが、通商連合は2人を抹殺しようとする。ナブーに逃れた2人は、通商連合の侵略により拘束された女王パドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)を救出、元老院に訴えるため首都惑星コルサントに向かう。しかし、ナブー脱出の際に船が損傷、辺境の惑星タトゥイーンに着陸する。そこで出会ったのがものすごいフォースを持つ少年アナキン・スカイウォーカーだった。アナキンの活躍により船の修理を終えた一行はコルサントに到着、元老院に解決を訴えるが、腐敗した元老院はまったく動かず、パルパティーンの助言でパドメはヴァローラム最高議長不信任案を出してしまう。シスの暗黒卿パルパティーンは、こうして合法的に最高議長になるのだが、その野望の実現にはまだしばらくかかる。なかなか忍耐強い男である。でとにかく元老院が動かないので、パドメは2人のジェダイとともにナブーに帰り、アナキンの活躍もあって通商連合に勝利するというわけだ。初めて見たとき、クワイ=ガンの葬儀のシーンで最後にパルパティーンにフォーカスが当たったのを見て、何でかなぁと思った記憶があるが、パルパティーンこそシスの暗黒卿だったのだ、ということが明らかになるのは、エピソード3まで待たなければならない。ジェダイ評議会の長であり最強のジェダイと謳われたメイス・ウィンドゥを演じるのはサミュエル・L・ジャクソン。最近もキャプテン・アメリカやアイアンマンが活躍するアベンジャーズのニック・フューリーを演じている。

51902jzjs3l_sl500_aa300_

« ファーム冨田⑤ | トップページ | 美瑛① »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58455024

この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス:

« ファーム冨田⑤ | トップページ | 美瑛① »