2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 美瑛④ | トップページ | 美瑛⑤ »

2013年10月30日 (水)

007「ドクター・ノオ」

 007シリーズ第1作「ドクター・ノオ」は、1962年に公開された。したがって昨年公開された第23作「スカイフォール」は50周年記念作品ということになる。「ドクター・ノオ」は、その後のシリーズの方向性を決定づけた作品であり、低予算のため安っぽいセットもあるが、いま見てもおもしろい。ロンドンのカジノでショーン・コネリー演じるジェームズ・ボンドが初登場するシーンのセリフ、「ボンド、ジェームズ・ボンド」は、これ以降恒例のセリフとなる。MI6のボス、Mは第11作「ムーンレイカー」までバーナード・リーが務め、Mの秘書マネーペニーは第14作「美しき獲物たち」までロイス・マクスウェルが務める。ボンドガール、ハニー・ライダーはウルスラ・アンドレスが演じているが、海から登場するシーンは当時絶大なインパクトがあったようだ。イアン・フレミングの小説では、ボンドの敵は東側陣営だったが、映画では架空の犯罪組織「スペクター」となっている。ドクター・ノオはスペクターの幹部で、ボンドに対し「スペクター」という名前の由来や仕事内容を紹介するシーンがある。低予算で制作されたこの第1作が成功したことで、これ以降の作品は豪華な内容になっていく。

51aq2ysy45l_sl500_aa300_

« 美瑛④ | トップページ | 美瑛⑤ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58479804

この記事へのトラックバック一覧です: 007「ドクター・ノオ」:

« 美瑛④ | トップページ | 美瑛⑤ »