2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 十勝スピードウェイ | トップページ | CHET BAKER SINGS »

2013年9月13日 (金)

アイソン彗星

 天文ガイド10月号で、「アイソン彗星観測地ガイドin北海道」という記事が掲載されていた。アイソン彗星は11月29日に太陽に最接近し、12月に入ると夜明け前の東の空に現れる。その後天の北極に近づいてゆき、12月21日以降は日没後の西の空でも見られるようになる。地球最接近は12月27日、12月29日以降は一晩中見られるようになる。最も明るくなるのは太陽最接近前後だが、太陽に近すぎて見づらいので、太陽最接近後の方が見やすいだろう。12月3日が新月なので、中旬までは月の明るさに邪魔されることがなく、結局最も見やすいのは太陽からある程度離れた12月中旬ではないだろうか。このときアイソン彗星は東の方向にいて、その方向に市街地がない地域が観測に適しているということで、日高地方や道東、オホーツクがいいと紹介されていた。ぼくの観測地も東の方向は人工的な光がまったくないので、非常に好都合だ。木がなければもっといいのだが。

Img_0401

« 十勝スピードウェイ | トップページ | CHET BAKER SINGS »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイソン彗星:

« 十勝スピードウェイ | トップページ | CHET BAKER SINGS »