2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 黄金道路 | トップページ | 昆布刈石 »

2013年8月 7日 (水)

DUKE ELLINGTON & JOHN COLTRANE

 ジョン・コルトレーンのスタイルは、シーツ・オブ・サウンドと言われる。シーツのように音を敷き詰めたという意味だ。とにかくこれでもかというくらいサックスを吹きまくる。そのコルトレーンが、ジャズの巨人デューク・エリントンと組んだアルバムだ。ビッグバンドによるスウィング・ジャズ時代から活躍していたエリントンにとっては晩年だが、ずっと若いコルトレーンはこのアルバムの5年後、エリントンより早く死去している。享年40歳だった。コルトレーンの音楽はよく、宗教がかっていると言われる。確かに、「A Love Supreme(至上の愛)」などを聴いていると、そういう雰囲気は感じられる。そういう点では、「DUKE ELLINGTON & JOHN COLTRANE」は聴きやすいアルバムかもしれない。コルトレーンがもっと長生きしていたら、ジャズ界はどうなっていただろうか。

41m6kiojvul_sl500_aa300_

« 黄金道路 | トップページ | 昆布刈石 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/57942548

この記事へのトラックバック一覧です: DUKE ELLINGTON & JOHN COLTRANE:

« 黄金道路 | トップページ | 昆布刈石 »