2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 美瑛 | トップページ | 開陽台 »

2013年8月30日 (金)

ドラゴン・タトゥーの女

 「ドラゴン・タトゥーの女」はスウェーデン版とハリウッド版の2作つくられている。主人公ミカエル・ブルムクヴィストを演じるのは、スウェーデン版がミカエル・ニクヴィストというスウェーデンの俳優、ハリウッド版がダニエル・クレイグだ。どちらもスリル満点で大変おもしろい。スウェーデン版は原作の「ミレニアム3部作」すべてが映画化されている。ハリウッド版を見ていて、ミカエルとコンタクトを取る弁護士の顔に見覚えがあるな〜と思い調べたら、007「オクトパシー」のオルロフ将軍だった。さらに、ミカエルに仕事を依頼するヘンリック・ヴァンゲルは、スタートレックⅥ「未知の世界」でクリンゴンのチャン将軍を演じたクリストファー・プラマーだ。ハリウッド版で思ったのは、タイプキャストという問題だ。ダニエル・クレイグ=ジェームズ・ボンドという図式が確立しているので、老人に近いマルティン・ヴァンゲルにあっさりやられてしまうのを見ると、それでもボンドか〜っ、弱っちぃ〜と思ってしまうのだ。とにかく、とても強そうに見えないリスベット・サランデルに、何とか助けられるボンド、じゃなくミカエルなのだ。

519luxqlfil_sl500_aa300_

« 美瑛 | トップページ | 開陽台 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58091396

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン・タトゥーの女:

« 美瑛 | トップページ | 開陽台 »