2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | かなやま湖 »

2013年8月30日 (金)

開陽台

 根室の中標津(なかしべつ)町にある開陽台は、330度の視界を誇る人気スポットだ。地平線が丸く見え、天気がよければ国後島も見える。開陽台が有名になったのは、1980年代のバイク小説でここが舞台となったかららしい。当時は「ミツバチ族」といって、夏になると北海道を旅するライダーが大勢いた。うちの実家は国道沿いにあるが、それこそひっきりなしにバイクが走っていたものだ。ちなみに、「ミツバチ族」というのは、「ブンブン」という排気音が由来だ。バイクではなく鉄道やバスで旅する人たちは、「カニ族」と呼ばれた。横幅のあるリュックサックを背負っていて、狭い列車の通路で横向きに歩いてたからだ。「カニ族」も「ミツバチ族」も今ではあまり使われないが、「カニの家」とか「みつばちの家」という名前の道内の宿は、当時の名残だ。決してかに料理の店ではないので、誤解なきように。

Img_0098

« ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | かなやま湖 »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/58091407

この記事へのトラックバック一覧です: 開陽台:

« ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | かなやま湖 »