2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« サロベツ原野 | トップページ | 光害 »

2013年8月 6日 (火)

Kind of Blue

 ジャズの帝王マイルス・デイヴィスの数あるアルバムの中でも最も有名な名盤だろう。マイルス以外にも、ビル・エヴァンス、ジョン・コルトレーン、キャノンボール・アダレイといった有名ミュージシャンが参加している。第1曲目の「So What」からこれぞジャズ、といった演奏が続く。「Kind of Blue」はモード・ジャズの最高傑作と言われているが、マイルスのスタイルは時代によって大きく変わっており、晩年にはポップスっぽいアルバムも出ている。ぼくは音楽理論は勉強したことがないのでさっぱりわからないが、マイルスはジュリアード音楽院に入学したこともあるそうだし、エヴァンスも幼い頃から音楽教育を受けているそうなので、しっかりとした音楽理論に裏打ちされているんだろう。マイルスのアルバムはそれこそ何十枚もあり、マイルス本も何冊も出ている。モダン・ジャズの歴史はマイルスの歴史と言っていいほどだ。

41xxquu0y6l_sl500_aa300_

« サロベツ原野 | トップページ | 光害 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/57936529

この記事へのトラックバック一覧です: Kind of Blue:

« サロベツ原野 | トップページ | 光害 »