2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 天馬街道 | トップページ | ミニトマト »

2013年7月 3日 (水)

ヒアデス星団と木星

 おうし座のヒアデス星団は天球上の太陽の通り道である黄道(こうどう・おうどうのどちらでもよい)の近くにあり、しばしば惑星もこのあたりを通っていく。昨年秋は木星がヒアデス星団に接近した。ヒアデス星団はV字型のかなりまばらな星団で、肉眼でも見える。というか、望遠鏡で高倍率にするとかえってわからなくなる。Vの字の左上にあるオレンジ色の1等星がアルデバランだ。アルデバランは赤色巨星であり、水素の核融合が終わってヘリウムの核融合が始まっている。いずれはヘリウムも尽き、惑星状星雲と白色矮星になるのだろう。1973年に木星に接近したパイオニア10号は、地球からはるかに離れた宇宙空間を飛び続けているが、アルデバランの方向に向かっているそうだ。パイオニア10号には人類から宇宙人へのメッセージが刻まれた金属板がついており、遠い未来、どこかの星の住人が見つけてくれるかもしれない。
2012年9月15日撮影 キャノンEOS60Da+キャノンEF100mm、露出180秒

Img_0089

« 天馬街道 | トップページ | ミニトマト »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒアデス星団と木星:

« 天馬街道 | トップページ | ミニトマト »