2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 裏磐梯 | トップページ | サラブレッド »

2013年7月17日 (水)

北19号ミルクロード

 北海道中標津町の開陽台はライダーに人気のスポットだ。ぼくも学生時代に一度行き、一昨年にも久しぶりに行った。330°のパノラマ、地平線が丸く見え、天気がよければ国後島も見える。開陽台周辺は真っ直ぐな道路が多く、中でも北19号ミルクロードはアップダウンがあって写り映えのする道路だ。バイク雑誌にもよく登場する。道東というのは北海道の中でもスケールが一段上という感じで、とにかく雄大だ。釧路湿原、霧多布湿原、納沙布岬、野付半島、知床、摩周湖、屈斜路湖、能取湖、サロマ湖など見どころ満載でありながら交通量が少ないので、快適に走ることができる。交通量が少ないというのは非常に重要で、東京からツーリングに出かけるときなども、帰りの渋滞を考えると楽しみも半減してしまう。この写真を撮影したのは10月初旬、すでにツーリングシーズンがほぼ終わっていたので、クルマもバイクもしばらく通ることもなく、道の真ん中でゆっくり撮影することができた。ちなみに、北海道のツーリングシーズンは5〜9月、せいぜい半年くらいしかない。雪が降る頃になると、ガレージがないライダーは一冬バイク屋にバイクを保管してもらう。ぼくが札幌に住んでいたときは確か保管料2万円(春のオイル交換代込み)くらいだった。そして、北海道のバイク屋は冬になると除雪機を売るのだ。除雪機でもホンダとヤマハがHY戦争を繰り広げてるなんて、ご存じでしたか?

Img_0104

« 裏磐梯 | トップページ | サラブレッド »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/57807462

この記事へのトラックバック一覧です: 北19号ミルクロード:

« 裏磐梯 | トップページ | サラブレッド »